フランチャイズオーナー募集

ターニングポイント

独立希望者採用のお知らせ

happy heart project

FCオーナー紹介

☆☆三 重  店 《NEW!》
フランチャイズ(FC)
オーナー紹介 

☆☆神奈川3号店 《NEW!》
フランチャイズ(FC)
オーナー紹介 

☆☆岐 阜 店 《NEW!》
フランチャイズ(FC)
オーナー紹介 

FCオーナーインタビュー

☆☆神奈川店
第3回 フランチャイズ(FC)オーナーインタビュー

営業レポート

移動販売車両リースご相談ください


移動販売サポートcar サプリカ


シミュレーション比較


給食のおばさん フランチャイズチェーン(FC)概要



☆安心と信頼のイベント依頼サイト☆


〔揚げたてには、こだわりません〕 ************************ 移動販売給食のおばさん”あげぱん”は、いつも揚げたて。
でも、そこには、こだわりません。
なぜなら、揚げたてがおいしいのは当たり前だからです。 他では、まねの出来ない、すごいのは、持ち帰っても24時間いつでもおいしい!☆お持ち帰りで差が出ます。レンジも対応。 ************************ おいしさを追求すれば、
【こだわりは、丁寧な揚げ方!】
カレーパンのように、コッペパンを網などで抑えて、沈めて揚げれば、簡単に大量に揚げる事ができます。 でも、お客様のことを思えば、そんなことはしません。
なぜなら、カレーパンのように油を吸いすぎるからです。
更に、使用している油は、 全店舗 明確。健康キャノーラ油 ☆おいしいものを作るということは、丁寧な仕事をすることに意義があるのです。

2014年1月より神奈川県の川崎で給食のおばさんフランチャイズオーナーとして開業しました。それまでは22年間マクドナルドで働いておりました。この22年間では12の店舗で勤務しそのうち7店舗で店長として働いてきました。今回、何故22年間勤務してきたマクドナルドを退職し、移動販売を始めたかというと、接客とういう部分において疑問を感じていた部分と家族との時間をもっと持ちたかったという事が大きな理由です。接客に関しては、もっとお客様とコミュニケーションを取りたい、取るべきだという考えとお客様を本当に第一に考えているのかという疑問が大きくなってきたという事で個人的にギャップが生じてきました。自分の中でこのことがストレスになり仕事への意欲も無くなってきたと思います。 また22年間がむしゃらに働いてきた自分があり、結婚してからも家族との時間をかなり犠牲にしてきてしまった事、妻や子供たちに寂しい思いをさせてきてしまった事、子供の行事に参加する事も出来たり出来なかったりと非常に悩みました。 そこで今回思い切ってマクドナルドを退職して個人営業を始めてみようと思い、移動販売に関して調べました。移動販売ではメロンパンやからあげ、やきとり等調べていくうちに何故かあげぱんに興味を持ちました。”あげぱん”という響きに非常に懐かしさを覚え、老若男女誰にでも受け入れてもらえる商品ではないかと思いあげぱんを販売したいと考えました。実際に八王子の本部に面談に伺い、その時にあげぱんを試食させてもらいました。非常にクオリティの高い商品だと、この時自信がもてました。その後契約をさせて頂き開業することができました。 マクドナルドでは多くの従業員と一緒に働いてきましたが、これからは一人で何もかもをやらなければならない事には全く抵抗はありませんでした。逆に全ての事が成功しようと失敗しようと、売上が上がろうと下がろうと自分の責任になるわけですから非常に単純明快であり、人に裏切られる事もないのでストレスも溜まらないだろうとポジティブにとらえる事ができています。実際に今のところストレス無く楽しく働けています。 そして何よりも家族との時間も取れるようになり今年は娘の卒園式、そして小学校の入学式にも何の心配することも無く参加でき、息子の授業参観にも参加しました。つまり休みもしっかりと取れているという事です。また土日のあげぱんの営業には子供たちも一緒に連れて行き一緒に販売したりしています(毎週ではありませんが)。子供と一緒に商売をするというのは非常に楽しいですし、娘は喜んで楽しそうに手伝ってくれてます。息子はあげぱんを食べてばかりでしたが・・・。これはマクドナルドでは味わう事のできなかったことだと思います。今は家族と接する時間がかなり増えました。 そして今回、開業するにあたり非常に大変だったのが出店場所の交渉そしてプロパンガスを充填してもらうガス屋さんを探すことでした。出店場所に関しては企業やスーパー、商業施設などに連絡を取りましたがほとんどが話しを聞いてもらえず路頭に迷いそうでした。出店場所がなかなか見つからない、かなり焦りました。その時に八王子のフランチャイズ本部で交渉をして頂き出店場所が確保できました。プロパンガスも一緒です。個人でいろいろなガス屋さんに連絡してもどこからもOKをもらえませんでした。このとき昨年の花火大会での事故等があり規制が厳しくなっており個人での契約が難しかったからです。この時もフランチャイズ本部の方で交渉して頂きガス屋さんも確保できました。こういった部分でも個人で始めるのとフランチャイズとして始めるのでは大きな違いがあるのだとつくづく感じました。個人でもしあげぱんを始めようとしていたらいまだに開業できていなかったのではないかと思います。これがフランチャイズの大きなメリットだと思いました。そして今回出店場所としても横浜でも非常に集客の多い場所で出店させてもらえた事、商業施設での出店、企業様でも出店させて頂いたことに非常に感謝をしております。売り上げも今のところ順調に推移しており(天候によっては低い時もありますが)モチベーション高く営業させてもらっております。多い時では400〜450組ほどのお客様が来店して下さり”てんてこまい”する時もありますがマクドナルドよりも生産性高く楽しく働けています。 プロパンガスの充填も本部より紹介を受けたガス店の良心的で誠実に対応に非常に助かっております。こちらのガス屋さんにはその他にもガスの器具なども新たに付けて頂き非常に生産性が高く使わせていただいてます。今回の開業にあたっては非常にたくさんの人達のご協力により開業させていただきました事に感謝いたします。 今ではリピーターとなってくれるお客様も増え「ここのあげぱんは本当においしいよ」とお客様に言っていただけて、毎回楽しく仕事ができています。今はこの仕事を始めて充実した日々が送れています。将来的には2台目、3台目と増やしていくのが目標ですが、今はもっと子供たちと一緒にあげぱんを販売していきたいなぁと考えてます。

吉沢氏
川崎店・吉沢オーナー
エリア:東京・横浜・川崎 他
※現在、吉沢オーナーは出店先様のご協力と理解あるご家族に支えられ、ご自身の経験を生かし、
正確・確実なオペレーションでありながらも売り上げ・客数共に当FCの最高記録を達成した優良店です。



12月1日、あげパン給食のおばさん宮城1号店として開業しました。 そうなんです。 ご存知の通り宮城県沿岸部は311の東日本大震災でいまだ復旧が進まず自宅を流された方、職場を流された方、そして家族、友人、知人を喪われた方々が大勢いらっしゃる地域での開業となりました。以前から被災された方々に何か出来ればという気持はありましたが何をしたらよいのか?自分には何が出来るのかとずっと考えていました。 そこで本社の社長からのお話で「被災された方々にあげパンを無料でお配りするのはいかがですか」と素晴らしい提案をいただきました。「それだ。それだ。それだ!」今自分に出来るのはこの開業に合わせて温かいパンを無料配給し喜んでいただく事だと思いました。実行するにあたり大きい力になってくださったのが、社長、専務初め本店のスタッフの皆さんの全員の力で義援金として販売しその売り上げ金を被災地に無料配給するあげパンへとなりました。義援金とし購入された東京のお客様に感謝の気持でいっぱいでございます。 配給先となったのが東松島ひびき工業団地の仮設住宅にお住まいの方々への配給となりました。とうしは肌寒く来て下さるか不安でしたが始まってみると行列が出来ていました。私は、涙をこらえ一生懸命あげパンを揚げ続けました。一段落すると一人のおばあさんが「温かくておいしかったよ」と「ありがとうございます」とわざわざ頭を下げに戻ってきてくれたのです。もう、無理。。泣きました。今回の無料配給を本当にやって良かったと思いました。そして二日目 12月2日は同じく東松島市、小野駅前の仮設住宅にお住 まいの方々に配給となりました。天気も良くお客様も途切れる事なく来てくださいました。そこにNHKの方が取材にこられました。取材を受けてる方が「あったかいパンなんて珍しいねぇ」「本当においしい。最高にありがたいです」というコメントをいただきました。喜んでいただけてるなあと改めて実感しました。この被災地の沿岸部にひとつでも二つでも笑顔が戻りますように。この先も見守り地域発展の為に宮城県1号店として頑張っていきたいと思います。



3.11 東北地方大震災で被災された方々に、加盟店・本部一同、心からお見舞い申し上げます。
また、自らも被災された盛岡店オーナー様には心から感謝いたします。

FC8号車 岩手盛岡店オーナー様レポート

4月24日(日)被災者支援「盛岡市内被災者受け入れ施設」レポート
天気晴れ。10時開始。皆待っていた模様で、2時間余りで予定数の配布が終了しました。開始直後から長蛇の列。ホテルの方に列の整理を手助けいただき息つく暇もなくすぐにはけました。被災者は主に釜石の住人が多いとのことです。他には宮古や大船渡、陸前高田など沿岸の方でホテルは貸しきり状態になっていました。ほとんどの方が家を含め、すべてが流されたということでした。避難民の方はパンは実に久しぶりだということで喜んでもらいました。支援物資は米が多く、パンは来ないそうです。拝みながら、涙ながらに「ありがとうございます」「本当にありがたいです」と何度も言われました。これで元気になってもらえたらうれしいです。ココアやテラミス味。抹茶味が人気でした。中高年が多いからかもしれません。



以前から何か商売がしたくて、度々ネットで情報収集をしていました。私は甘いものが すきで、クレープやメロンパンも大好きです。でも、給食で出ていた揚げパンも好きだったので、詳しい話を聞いてみたくて、 東京の八王子まで行きました。いろいろ調べたつもりでしたが、扱う品物でメリット・デメリットがあることを初めて知りました。 もちろん、揚げパンも作り方や材料でメリット・デメリットがあって、他の揚げパンや他の品物と比べると断然有利であることも知りました。 今まで勤めていた会社で不景気を経験したので、ネットではあまり触れてませんでしたが、リベージュさん独特の販売促進にも驚きました。他の移動販売はあまり販売促進の話は聞きません。 資金面も不安でしたがリースや融資が受けれたので、良かったです。今は、リピート客も増えてきて、やはり不景気の時代なので売り上げが良い日もあれば悪い日もありますが、 平均すれば儲かっているので、楽しくやっています。



移動販売をしたいって思った理由は、家で食べたホットサンドが美味しくて色々な具を入れてレパートリーも増えていって移動販売をしたいなって、ホットサンドの機械は家にあっても、かたづけも面倒やし、「家庭ではたべることがないよなぁ」から始まり、まず、車を調べました。どんな移動販売車があるのか?お金はどれくらいなのか?車で使えるホットサンドの機械とか発電機とか、なんせ自分でするには、すべてが一からで、わからない事ばかりだったので保健所に行ってみました。そこで言われたのがホットサンドを車で調理は出来ないって事でした。厨房で調理をして売るだけなら大丈夫って言われました。一回だいたい全部でお金はいくらいるのかを計算して出してみました。ビックリする金額、でもやりたいって気持ちが強くあったので、お金を借りに銀行や金融公庫や色々行ってみたけど、どこもダメで自分でするのは諦めかけていました。なにげなく見てた求人誌に「給食のおばさん」が載っていました。移動販売オーナーさん募集みたいな事が書いてあったので、興味が有り一度、電話をしてみました。内容は給料とかどういう仕組みになっているのかを聞き詳しく丁寧に教えてくれました。一度、東京に行って会って話を聞いてみようって思い、東京に行く事を決めました。行って社長や専務に会ってもっと詳しく話をして行くうちにこの会社の良さがわかり、あげぱんを売りたいって思うようになりました。やっぱり、社長や専務に会うまでは、半信半疑でした。でも、あげぱんをするにもお金が必要で社長に教えていただいた所に全部借り入れの問い合わせをしてもどこも貸してくれる所もなくだいぶ落ち込みました。悪いことをしてなくてもした気分になり凹みました。もう諦めて働いてお金をためる気持ちで、社長に電話で言いました。数日後、社長から連絡を頂き内容は、社長が貸してくれるってことでした。本当に心から喜び感謝でいっぱいです。地元で一番の移動販売に育てることが僕の夢です。
※全額融資は行っておりません。リースが通った場合、一部融資ができる場合がございます。



まもなく定年という年齢になり、自分としてはまだまだ働けるのだけれど、具体的には「何をどうすればいいのか」と悩んでいました。 そんな頃、通りがかりに他社の「あげパン」の移動販売を見つけ、家族へとおみやげに買い求めました。しかし、自宅へと戻る途中に「あげパン」は、 とても食べられる状態ではなくなってしまい、結局、家族には黙っていました。 しかし、何となく「あげパン」に魅力を感じ、インターネットで「あげパン」を検索。すると、「給食のおばさん」がヒットし、そこには「翌日までおいしい」との説明が。 「これだ!」と思い、すぐに本部に電話をしました。話しを聞いてみると、作業は簡単で、ひとりで座ったまま営業できて、仕込みもいらないという説明でした。 これなら自分でもできそうだと思い、加盟の契約に東京の本部に向かいました。 早速、商品の「あげパン」を試食させてもらうと、外はカリッとしていて、でも中はふんわり、メニューも豊富でパンも大きい。 保健所の許可を得て堂々と営業ができるという説明にも安心しました。自宅に持ち帰った「あげぱん」は、翌日も翌々日も美味しさを保っていて、息子をはじめ家族たちも「これはいける!」との絶賛でした。 そして、3カ所で営業を開始しました。雨や風の強い日はやはりお客様も少なく、売り上げが上がらない日もあります。 しかし、特別に告知もせずにすぐに常連客もできて、「おいしい!」と喜んでくれるお客様の笑顔を見ながら、毎日楽しく仕事をしています。



この仕事を始めようと思ったのは 学生時代のアルバイトで喫茶店での経験で いつか自分の店を持ちたいと思っていました。 その思いが 社会人になり忘れかけていましたが 今 そのチャンスがふいにおとずれ ふみだしました。 元々流通業界で、会社員として仕事をしていました。独立した今、共通することは・・ やはり 商売のやりがいは お客様から 美味しかった〜 ありがとう と 声をかけてもらった時! 利益はもちろんのこと 更に 励みになる この一瞬!これに尽きます。 今までと違うことは、 一個120円 の商売です が 売れれば売れただけ、自分で働いた分の利益が明確です。やりがいは充分にあり、以前の仕事に比べると、一人で営業をするため生産性は抜群です。 お客様の 笑顔が有る限り! その笑顔を見る為には 毎日の営業は手を抜けません クリーンリネスを心がけて。家族の理解は必要です。又、私の家では開店時に 一家総出でオープンしました。久しぶりの家族みんなの共同作業?と皆の笑顔を見ることができて、なんとも 言われぬ1日でした。 自宅前以外はもちろん自分一人での営業です。 ピークタイムは忙しさのあまり、笑顔を忘れる時も・・・ 気をつけなければ!又、全てにおいて 責任があります。 やりがいは 会社勤めに比べ遜色なく、それ以上でしょう。あげパンの味は間違いありません。種類も豊富で後は販売に専念するだけです。